セーヌ・エ・マルヌの観光オフィシャル・サイト : ホームに戻る
著名人の館 > バルビゾンのジョン・フランソワ・ミレーのアトリエ
検索する
文化遺産
自然、屋外、レジャー
ディズニーランドとテーマパーク
イベントとお出かけ
HOLIDAYS,
WEEK-ENDS, TOURS
  ADMISSION FEES TO MONUMENTS, SHOWS, LEISURES ACTIVITIES
Business Trips
宿泊、レストラン
カルト・トゥーリスティック
移動
"Tourism & Disability" label"
パンフレットをダウンロードする
    CONTACt us
  ホームに戻る
フォンテーヌブローの森のはずれにある印象派画家の村の大通りにはジョン・フランソワ・ミレーの家とアトリエがある。ここでバルビゾン派の巨匠ミレーの生活を見ることができる。

1814年、ノルマンディーにあるコトンタン半島のグレビル・アーグに生まれたジョン・フランソワ・ミレーは1849年にバルビゾンに移住し、1875年の死に至るまでこの村の大きな庭付きの質素な家で暮らした。

この家は当時内務省の役人であったアルフレッド・サンシエ(ミレーの友人で、彼の伝記作家でもある)が借りていた。

農家の息子であった農民画家ミレーは大通りに面したアトリエの大きな出入口を改修し、
19世紀の農民生活を描いた。かの“晩鐘”、“落穂拾い”、“種をまく人”といった有名な作品はこのバルビゾンで描かれた。
バルビゾンのジョン・フランソワ・ミレーのアトリエ
バルビゾンのジョン・フランソワ・ミレーのアトリエ

ミレーは大家族(子供9人:娘6人、息子3人)とともにここバルビゾンで生活した。
セーヌ・エ・マルヌ県つまり、バルビゾン、シャイイ、フォンテンブローの森でこの画家はインスピレーションを沸かせ、農民の自然の姿を描く画家として知られている。 彼の絵画は世界的にも知られ、19世紀の終わりからはすでにアメリカ人たちに買われていた。

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホはミレーから深く霊感を受けて、“刈り取る人”のような彼のテーマのいくつかを受け継いだ。

ミレーのアトリエを訪れると彼の作品には見られない様々な面と、質素であるが創造的な雰囲気を味わうことができる。アトリエの一室は現在バルビゾン派の画家たちに使用されている。

Internet Explorer 7.0 required
 
< 戻る
LinksTourist Boardsプロのスペースサイトの目次法的インフォメーション
Seine et Marne Tourisme - 11 rue Royale - 77300 Fontainebleau - France
Phone: +33(0)1 60 39 60 39 - Fax: +33 (0)1 60 39 60 40 - contact us