セーヌ・エ・マルヌの観光オフィシャル・サイト : ホームに戻る
著名人の館 > バルビゾンのテオドール・ルソー美術館
検索する
文化遺産
自然、屋外、レジャー
ディズニーランドとテーマパーク
イベントとお出かけ
HOLIDAYS,
WEEK-ENDS, TOURS
  ADMISSION FEES TO MONUMENTS, SHOWS, LEISURES ACTIVITIES
Business Trips
宿泊、レストラン
カルト・トゥーリスティック
移動
"Tourism & Disability" label"
パンフレットをダウンロードする
    CONTACt us
  ホームに戻る

テオドール・ルソー:その当時随一の風景画家の一人。
バルビゾンに来てすぐ、農業労働画と農場細密画の画家になったジャン・フランソワ・ミレーとは対照的に、テオドール・ルソーは、森の中で、大木の樹林と林間の空地を描いた画家である。「サロンの永久拒絶」との異名をとったルソーであるが、1844年頃、彼がバルビゾンに定住した時には、ミレー以上にもっと有名であった。彼は、光の表現がたぐいまれな画家で、1日のそれぞれの時間帯の樹林の光の描写法は、その後まもなく、バルビゾン派の風景画家達の後継となった印象派の画家達の誕生へとつながった。

彼の絵画の主題は、主として、彼がバルビゾン村で最終的に定住した森の外れであるフォンテーヌブローの森の光景から取り入れられている。

テオドール・ルソーの家とアトリエは、今日、県立美術館の別館となっている。
この小さな家は、そのかつての所有者ルソーに敬意を表している。そこでは、現代展示が行われている。

バルビゾンのテオドール・ルソー美術館

彼の仕事のアトリエであり、週末にはここに友人達を迎えて入れていたその納屋は、20世紀末以降、バルビゾン村の礼拝堂として使われている。

お役立ち情報は、こちらをクリックしてください
Internet Explorer 7.0 required
 
< 戻る
LinksTourist Boardsプロのスペースサイトの目次法的インフォメーション
Seine et Marne Tourisme - 11 rue Royale - 77300 Fontainebleau - France
Phone: +33(0)1 60 39 60 39 - Fax: +33 (0)1 60 39 60 40 - contact us