セーヌ・エ・マルヌの観光オフィシャル・サイト : ホームに戻る
Departmental Museums > バルビゾン派県立美術館:ガンヌの宿屋
検索する
文化遺産
自然、屋外、レジャー
ディズニーランドとテーマパーク
イベントとお出かけ
HOLIDAYS,
WEEK-ENDS, TOURS
  ADMISSION FEES TO MONUMENTS, SHOWS, LEISURES ACTIVITIES
Business Trips
宿泊、レストラン
カルト・トゥーリスティック
移動
"Tourism & Disability" label"
パンフレットをダウンロードする
    CONTACt us
  ホームに戻る

この宿屋の創設の日ははっきりとわかっていない。1820年以前に、この地方の宿屋といえば、シャイイにしかなかった。テオドール・ルソーの友人で、バルビゾンの歴史学者でもあるアルフレッド・ソンシエによると、1824年の創設であると言われている 。

この頃に、ルデュー兄弟、ブラスカサ、コロー、ルソー、ディアズ、ナントイユなどが、ガンヌの宿屋を訪れている。
この大きい宿屋は現在バルビゾン派美術館になっている。

1853年、新聞“イルストラシオン”が版画絵の入った完全なルポルタージュを発行し、この宿屋の秘められた絵画財産を紹介した 。紹介された絵画の大部分は奇跡的に、現在まで残されている。

1854年に発行された 雑誌ルビュー・デ・アートは、入口の3つの部屋の紹介とその装飾を細かく描写している。

バルビゾン派県立美術館:ガンヌの宿屋
バルビゾン派県立美術館:ガンヌの宿屋

これらの資料から、この宿屋の最も輝かしい時期を知ることができる。この画家達の宿の家具や看板、部屋の配置は当時の状態を正確に再現している。

990年に行われた 2階の 修復により、 当時画家達の滞在中に彼らが塗ったり、描いたり、装飾したりしたものが再現されている。
風景画と動物画をテーマにしたバルビゾン 派の作品を紹介している部屋も3室ある。

バルビゾン派の画家達を紹介したビデオなどもある。パリのアカデミズムや当時のアトリエをそのままに残し、ボヘミアンなパーティのために、または各々のモチーフに基づいて描くためにバルビゾンの宿屋に留まったガンヌの画家達の作品に出会うことができる。

Internet Explorer 7.0 required
 
< 戻る
LinksTourist Boardsプロのスペースサイトの目次法的インフォメーション
Seine et Marne Tourisme - 11 rue Royale - 77300 Fontainebleau - France
Phone: +33(0)1 60 39 60 39 - Fax: +33 (0)1 60 39 60 40 - contact us