セーヌ・エ・マルヌの観光オフィシャル・サイト : ホームに戻る
絵画と彫刻 > メ・シュール・セーヌのアンリ・シャプー美術館
検索する
文化遺産
自然、屋外、レジャー
ディズニーランドとテーマパーク
イベントとお出かけ
HOLIDAYS,
WEEK-ENDS, TOURS
  ADMISSION FEES TO MONUMENTS, SHOWS, LEISURES ACTIVITIES
Business Trips
宿泊、レストラン
カルト・トゥーリスティック
移動
"Tourism & Disability" label"
パンフレットをダウンロードする
    CONTACt us
  ホームに戻る
1887年に創設されたアンリ・シャプー美術館は、彫刻家であったアンリ・シャプーが
1865年から彼の生まれた村に寄与していた作品を所蔵している。最初の建物は不運なことに人々に関心を持たれぬまま閉館し、新たに少し離れた場所に建てられ、1977年2月19日に開館した。

1983年以来、美術館の運営規定の向上に関する改革の成果により、アンリ・シャプー美術館はまさに復活を遂げている。それはデッサン、ブロンズ、石膏、大理石などの購入、修復や展示会への彫刻貸し出しといった政策が講じられたからである。コレクションの大部分はシャプーのオリジナルの石膏作品である。このコレクションは、葬式彫刻や、ほとんどが女性の彫刻 あるいは現実主義に勝る寓話に限った彫像による個人的装飾彫刻など、彼の若い頃の作品に 始まり、最後は記念建築物や半身像の作品で終わっている。ここではシャプーの素晴らしい肖像の才能を見ることができる 。
メ・シュール・セーヌのアンリ・シャプー美術館
メ・シュール・セーヌのアンリ・シャプー美術館

現在の美術館の近くで1833年9月30日に生まれたアンリ・シャプーはパリの美術学校 で古典主義的な教育を受けた。1855年、彼はローマで最も優れた芸術の賞を手にした。この報酬により、ローマのビラ・メディシスへの扉を開くことができた。リュード、カルポー、モローやその他大勢の芸術家達のように、アンリ・シャプーは第2帝政と第3共和国の時代に公共建築や個人建築、記念物の装飾に参加した。それ以外にも、パリのデパートであるプランタンの正面玄関、オペラ座、パリの多くの個人の邸宅、ションティーの城の庭園などでも彫刻を手がけた。彼の才能はフランスだけでなく、外国においても、葬式芸術、記念建築物、肖像彫刻に発揮された。

1891年4月21日に死去したアンリ・シャプーはメ・シュール・セーヌ 墓地に埋葬されている 。

Internet Explorer 7.0 required
 
< 戻る
LinksTourist Boardsプロのスペースサイトの目次法的インフォメーション
Seine et Marne Tourisme - 11 rue Royale - 77300 Fontainebleau - France
Phone: +33(0)1 60 39 60 39 - Fax: +33 (0)1 60 39 60 40 - contact us