セーヌ・エ・マルヌの観光オフィシャル・サイト : ホームに戻る
教会 > ドンマリー・ドンティー小教区の歴史
検索する
文化遺産
自然、屋外、レジャー
ディズニーランドとテーマパーク
イベントとお出かけ
HOLIDAYS,
WEEK-ENDS, TOURS
  ADMISSION FEES TO MONUMENTS, SHOWS, LEISURES ACTIVITIES
Business Trips
宿泊、レストラン
カルト・トゥーリスティック
移動
"Tourism & Disability" label"
パンフレットをダウンロードする
    CONTACt us
  ホームに戻る

ドンマリー・ドンティーの小教区はイル・ド・フランスの中で最も保存状態が良いものの一つである。 ノートルダム教会は13世紀のものである。
チャペルへと続く回廊は15世紀に遡る。中央にはかつて墓地があり、現在は“生と死”をテーマにした中世風の庭園となっている。中世の庭園の伝統によると、これは楽園を表現している。 12の長方形は12人の使徒を想起させると同時に 、 1年の12ヶ月をも想起させる。
13世紀であった故に、このようなピンク色の石で縁取られた長方形の庭園が製作されたのであろう。


ドンマリー・ドンティー小教区の歴史

ドンマリー・ドンティー小教区の歴史

薬草栽培は柳の枝でできた束柴によって守られ、その高さ、その角度、その三つ編みのいろいろな方法はかつての記録文書から実現されたものである。 さらに装飾的に刈られたつげで囲まれた花壇とその中央部分は15世紀を象徴する 読書会 の様子を想起させる。 樫の木や栗の木でできた手すりは当時のミニチュア版を復元しており、“閉ざされた庭園”の周りにはアンゼリカや百合の花が植えられている。中世時代にはよく栽培された植物が、忘れられた香りを再現している。

インフォメーション

この美しい庭園は毎日開園しており、入園料は無料。

Internet Explorer 7.0 required
 
< 戻る
LinksTourist Boardsプロのスペースサイトの目次法的インフォメーション
Seine et Marne Tourisme - 11 rue Royale - 77300 Fontainebleau - France
Phone: +33(0)1 60 39 60 39 - Fax: +33 (0)1 60 39 60 40 - contact us