セーヌ・エ・マルヌの観光オフィシャル・サイト : ホームに戻る
典型的な街と村 > マルヌ・エ・ゴンドワールのラニー・シュル・マルヌ
検索する
文化遺産
自然、屋外、レジャー
ディズニーランドとテーマパーク
イベントとお出かけ
HOLIDAYS,
WEEK-ENDS, TOURS
  ADMISSION FEES TO MONUMENTS, SHOWS, LEISURES ACTIVITIES
Business Trips
宿泊、レストラン
カルト・トゥーリスティック
移動
"Tourism & Disability" label"
パンフレットをダウンロードする
    CONTACt us
  ホームに戻る

パリから東へ28km、マルヌ・エ・ゴンドワールの青々とした人を温かく迎える土地のただ中で、ラニー・シュル・マルヌは、田舎の美しく和やかでエネルギッシュな街の魅力を育んでいる。その遺跡、地理、商業が人々を魅了する。この中世の街には、サン・ピエール大修道院の跡地に建つ市庁舎やノートルダム・デ・アルデン大修道院付属教会を含む、数多くの歴史的建造物がある。この河川の街では、河川の家のふもとで、散歩する人やクルージングをする人がマルヌ川のほとりを我先にと競うように楽しむだろう。ブリ地方の眺望は、野原と森の間で、ラニュイを芸術家の街に仕立て上げた作家や画家達にインスピレーションを与えた。商業の街でもあるラニー・シュル・マルヌは、中世のシャンパーニュ地方の市の名残である市場と中心街のビジネスのリズムに合わせて息づいている。

見所:

歴史的な中心街
市庁舎は、サン・ピエール大修道院の跡地に建っている。メロヴィング王朝の当初の修道院の面影は全く残っていない。現在の建物は、1755年から1765年にかけて建造され、その後改修されたものである。1階には、修道院のアーチ形の回廊が中庭を取り囲んでいる。結婚式の部屋と祭典の部屋は、それぞれ、1896年と1936年に遡る。レンガと石で造られたこの建造物は、歴史的建造物の追加目録に登録されている。
ノートルダム・デ・アルデン大修道院付属教会は、13世紀前半に建立された。未完であったこの教会は、内陣と交差廊の2本の柱で構成されている。本来、大修道院の礼拝堂であったこの教会は、今日、ラニー・シュル・マルヌの小教区の教会となっている。 

マルヌ・エ・ゴンドワールのラニー・シュル・マルヌ
マルヌ・エ・ゴンドワールのラニー・シュル・マルヌ

噴水と5つの切り妻 
サン・フュルシィ噴水は、ずっと以前から、街の中心にその姿を留めている。13世紀の複数の文献にそのことが記されている。その源泉は、サン・フュルシィの奇跡に起因するものである。その背後にある「5つの切り妻」(12世紀と16世紀)の建物は、シャンパーニュ地方の市のためにイプルの街の商人を収容したかつての卸売市場である。

新印象主義の画家たち

ラニーのグループの4人の新印象派の画家、レオ・ゴーソン、エミリー=ギュスターヴ・カヴァロ=ペデュッジ、マキシミリアン・リュス、リュシアン・ピサロは、マルヌ川のほとりの輝きと色彩を賛美した。自然の調和の独自の解釈を行い、彼らは、「科学的」な技術に立脚した学派の精神に対抗し、点描画法の名でより良く知られている分割主義を打ち立てた。パレットの顔料を混ぜ合わせるのではなく、カンバスの上に色の小さなタッチを並置することで絵を表現した。
カヴァロ=ペデュッジは、ラニー・シュル・マルヌのマシュレ通りと(今日、カヴァロ=ペデュッジ通りに名称変更された)トゥルナン街道とに、15年間居住した。
レオ・ゴーソンは、噴水の場所、5つの切り妻の建物で生まれた。
これらの前衛芸術家は、ラニー・シュル・マルヌを、エドルアール・コルテとアンリ・ルバスクを含む数多くの芸術家を惹きつけたラ二―美術学校のサロン(1889〜1904年と1927〜1938年)を持つほどの、芸術的中心の列まで引き上げた。

ラニーのグループの新印象派画家のコレクション
ガティアン=ボネ美術館

お役立ち情報は、こちらをクリックしてください
Internet Explorer 7.0 required
 
< 戻る
LinksTourist Boardsプロのスペースサイトの目次法的インフォメーション
Seine et Marne Tourisme - 11 rue Royale - 77300 Fontainebleau - France
Phone: +33(0)1 60 39 60 39 - Fax: +33 (0)1 60 39 60 40 - contact us