セーヌ・エ・マルヌの観光オフィシャル・サイト : ホームに戻る
公園/庭園・テーマパーク > モーのボスエの庭園
検索する
文化遺産
自然、屋外、レジャー
ディズニーランドとテーマパーク
イベントとお出かけ
HOLIDAYS,
WEEK-ENDS, TOURS
  ADMISSION FEES TO MONUMENTS, SHOWS, LEISURES ACTIVITIES
Business Trips
宿泊、レストラン
カルト・トゥーリスティック
移動
"Tourism & Disability" label"
パンフレットをダウンロードする
    CONTACt us
  ホームに戻る

ボスエの庭園は司教庭園の典型的な例の一つである。
この庭園は15世紀の終わりから相次ぐ司教たちにより少しずつ整備され、1637年から1674の間にドミニク・セギエ司教とドミニク・デゥ・リニー司教のもと、最終的な構造を得た。

1643年から1644年頃フランス式のこの庭園の計画が練り上げられた。残念なことに書面上の証拠はないが、地元の言い伝えでは、その計画の構想者は有名な造園家ル・ノートルであってほしいと言っている。この時代、彼は30歳で1637年以来テゥイルリーにおける王の侍造園家の職務にあった。宮廷におけるドミニク・セギエの地位を考えると、ル・ノートルが参加したという仮定は不可能ではない。

モーのボスエの庭園
モーのボスエの庭園

この庭園は黄楊(つげ)で囲まれた4つの花壇を持っている。この花壇は司教の宮廷の2階から見えるように設定された一般的な構想で、司教の冠を表している。その周りにある菩提樹の陰を落とす並木道は1787年頃に構想され、その並び具合がさらに司教冠の曲線の形を成している。

革命後、また19世紀の間、司教区の庭園はほとんど見捨てられていた。1910年になって初めて、司教の宮廷とその付属家屋を取得したモーの町は、庭園の修復とその一般公開を決めた。

Internet Explorer 7.0 required
 
< 戻る
LinksTourist Boardsプロのスペースサイトの目次法的インフォメーション
Seine et Marne Tourisme - 11 rue Royale - 77300 Fontainebleau - France
Phone: +33(0)1 60 39 60 39 - Fax: +33 (0)1 60 39 60 40 - contact us