セーヌ・エ・マルヌの観光オフィシャル・サイト : ホームに戻る
公園/庭園・テーマパーク > フォンテーヌブロー宮殿の庭園
検索する
文化遺産
自然、屋外、レジャー
ディズニーランドとテーマパーク
イベントとお出かけ
HOLIDAYS,
WEEK-ENDS, TOURS
  ADMISSION FEES TO MONUMENTS, SHOWS, LEISURES ACTIVITIES
Business Trips
宿泊、レストラン
カルト・トゥーリスティック
移動
"Tourism & Disability" label"
パンフレットをダウンロードする
    CONTACt us
  ホームに戻る

これらの国王と皇帝の庭園は、16世紀から19世紀までの庭園整備の美的感覚と流行の変遷を反映している。

16世紀にフランソワ1世とアンリ4世のために整備されたルネサンス庭園は、水源と鯉の池から大運河までの水路で構成された水利網を基盤としている。大花壇はその後運河と池の間の湿地帯にある。

ルイ14世のもと、この(ヨーロッパで最も広い)花壇は、ル・ノートルによって練り上げられた非常に古典的な外観をみせている。ここで彼は、鯉の池から大花壇の中央にあるティブルの大きな池を通って運河まで続く正真正銘の眺望を構想している。この国王花壇はマンテゥノンの並木道から滝まで、舞踏会広間とアンリ4世の格間前を通り“ソ・デュ・ルー”まで広がっている

フォンテーヌブロー宮殿の庭園
フォンテーヌブロー宮殿の庭園

王妃の旧庭園であるディアンの庭園は、この庭園の中央にあるディアンの噴水(17世紀)にその名が由来している。雄鹿の回廊(アンリ4世)に囲まれたこの庭園は、南は小住居(ルイ16世の建物)まで広がり、西はトリニテのチャペルとポウムの遊戯広間で区切られ、北は開口部のある壁がこの庭園と街を隔てている。この現在の英国庭園の外観は前世紀に遡る。

英国庭園はナポレオン1世のもと現在の形式をとった。庭園はロマンチックな人口の川の周囲にひろがっている。いくつかの彫刻で飾られたこの庭園は、その気品のある起伏のなか、その当時では珍しい植物が集められている。その起源が中世に遡る鯉の池は、この庭園沿いにある。池の中央にはロマンチックなあずまやが、ルイ14世紀のもとで建築家ルイ・ル・ヴォーによって建設された。

Internet Explorer 7.0 required
 
< 戻る
LinksTourist Boardsプロのスペースサイトの目次法的インフォメーション
Seine et Marne Tourisme - 11 rue Royale - 77300 Fontainebleau - France
Phone: +33(0)1 60 39 60 39 - Fax: +33 (0)1 60 39 60 40 - contact us