セーヌ・エ・マルヌの観光オフィシャル・サイト : ホームに戻る
公園/庭園・テーマパーク > ヴォー・ル・ヴィコント城の庭園
検索する
文化遺産
自然、屋外、レジャー
ディズニーランドとテーマパーク
イベントとお出かけ
HOLIDAYS,
WEEK-ENDS, TOURS
  ADMISSION FEES TO MONUMENTS, SHOWS, LEISURES ACTIVITIES
Business Trips
宿泊、レストラン
カルト・トゥーリスティック
移動
"Tourism & Disability" label"
パンフレットをダウンロードする
    CONTACt us
  ホームに戻る
ヴォー・ル・ヴィコント城の庭園は3km以上の眺望の周りにひろがっている。この眺望の中心線はフケとル・ノートルの革新意欲を反映している。

自然の真只中に刈られた40ヘクタールの空間に、城とその付属の建物の演出を組み立てながら、ル・ノートルとル・ヴォーは17世紀中初めて建築と景観環境の最も完璧な関係を実現する。

連なったテラスによって律動感をもつこの広大な空間で、ル・ノートルは、この最初の創設以来、トルコ絨毯のモチーフを真似た黄楊(つげ)の唐草模様、木立、洞窟、芝生、たまり水や噴出水、縁取った植付け、といった彼の庭園の要素を持ち込んでいる。この新しい構想はこの時代の秩序、厳正さ、気品を表している。ヴォーの庭園が唯一残存している庭園だとしたら、この庭園がこの大世紀の庭園芸術の原則を十分に理解させているということであろう。
ヴォー・ル・ヴィコント城の庭園
ヴォー・ル・ヴィコント城の庭園

入口の鉄格子から離れたところにあるヘラクレスの彫像まで、長さ1500m、幅はおよそその6分の一で広がるこの空間に、城はどの距離から見ても広大な緑の草木で包まれている。これほどまでに広い空間のうえで“支配的な”位置にある印象は、家の主の出世を象徴している。遠近法と光学法を上手く利用し、庭園は一目で全体を見渡せる快感を与えている。しかしこれはル・ノートルの才能によって故意に抱かせられている幻想である。こうして、城から数分のところで、正方形の池のほとりにあるようにみえる洞窟は、我々が近づくたびに遠のいていく。突然、散策者の足元にそれまで見えなかった大運河の光の帯がそこを横切る谷から浮かび上がり、まどわされて見ている者に現実を明かす。洞窟は実際には思いもかけないこの谷の向こう側に作られているのである。

広大な広葉樹の公園はこの庭園の知能の雰囲気をつくりあげ、そこで影と太陽の中での散策を楽しませ、思いがけない喜びを与える。
ル・ノートルにより芸術作品へと姿を変えたこの自然へのアクセスを容易にするため、電気自動車数台が散策者たちに準備されている。

Internet Explorer 7.0 required
 
< 戻る
LinksTourist Boardsプロのスペースサイトの目次法的インフォメーション
Seine et Marne Tourisme - 11 rue Royale - 77300 Fontainebleau - France
Phone: +33(0)1 60 39 60 39 - Fax: +33 (0)1 60 39 60 40 - contact us